スメルハラスメント

職場の口臭によるスメルハラスメント!回避する対策は?

口臭を漂わせる女性

 

スメルハラスメントという言葉が定着しつつあります。

 

それだけ、現代社会においてよくあるポピュラーな問題であるということでしょう。

 

 

スメルハラスメントは、体臭や口臭、
その他のきつい臭いによって、周囲の人間に迷惑をかける行為です。

 

ただ、セクシャルハラスメントやパワーハラスメントなど他の
ハラスメントと一線を画す部分は、

 

「本人に全く悪気がなくてもスメルハラスメントになってしまっている」
ということでしょうか。

 

しかしこういった悪意のない場合でも、スメルハラスメントはスメルハラスメント。
周囲の人間にとっては本当にいい迷惑です。

 

できれば本人の尊厳を侵害することなく、
行える対策はないものでしょうか?

 

 

一番よい対策は、実は「真っ向勝負」です。
いくら遠回りな言い方をしても伝わらない場合がありますし、
悪気がないぶん本人は意識できないものです。

 

ただ、「●さんの口臭はスメルハラスメントです」と言い切るだけでは
双方にとってショッキングであり、今後の人間関係にひびが入る可能性もあります。

 

ですから一番現実的な対策としては、直属の上司に訴えて、
上司が本人に伝える形でしょうか。

 

それもただ「口臭がひどいのを何とかしなさい」では、
今度は職場いじめととられる可能性があります。

 

 

「君の口臭はかなりきつい。原因は何だかわからないが、
このままでは職場内の人間関係や効率に支障をきたす可能性がある。

 

だから、自覚して何か口臭対策をとってくれないか」と建設的な言い方であれば、
「仕事のために…」と理解し、自分で対策をとってくれるのではないでしょうか。

 

 

いずれにしても難しい問題です・・・

 

ただあくまでも「口臭が仕事の支障になっている」とビジネス部分を
強調することで、プロとしての自覚を促し、そこで対策につなげて
行ってもらえれば成功と言えるでしょう。